代表的な注文機能を解説

成り行き注文という注文方法はFXの口座にログインして即時的にレートを見つつ注文しますが、これに対し指値注文ははじめから価格を指定して自動で注文を出すやり方です。

逆指値注文は、外国為替証拠金取引(FX)の為の注文のやり方としては応用編に入るもので、ちょっと大変そうなのですが、危険性を調整するのであれば避ける訳にはいきません。成行注文の特徴としては、その時すぐに約定できることがあります。
この利点を最大限に活用したやり方が「ワンクリック注文」です。短期間売買向けのFXの事業者によく見られる手法です。成行注文を多く使うのはデイトレーダーやスキャルパー等です。
いつもチャートの前に張り付いていて、これはチャンスだと思えばその場で即刻売り買いする種類の方達ですね。指値、逆指値とは耳馴染みのない業界単語なのですが、FXにおいて必要不可欠な注文方法になります。指値も、逆指値も「新規注文」の時にも使えますし「決済注文」の時も使用いただけます。

言うまでも無く逆指値はFX取引きにおいて忘れることが許されません。下降時にそのままにしてしまうと、急激に損失となる危険性があるので、新規注文をしたら一緒に50銭の逆指値注文をするのです。
逆指値は24時間刻々と変化するFXを気にしないで、毎日不安なくFX以外のことに集中できます。それぞれのFX事業者では逆指値のみではなく大抵は4~5個の注文の方法が用意されています。
FX取引では、有難いことに新規ポジションを持つ場面や利益(損失)を確定する場合の決済注文の手段が豊富にあります。基本的には「成行」、「指値」「逆指値」という三種類になっています。

HOME > 取引サポートコンテンツ > 代表的な注文機能を解説
Copyright(c) 2014 http://doesmonopricehavelightningcables.com doesmonopricehavelightningcables.com All Rights Reserved.